まふぃんの学習時間♪

こんにちは。まふぃん錦ヶ丘保育士の岡田です。

 

放課後等デイサービスの子どもたちは、平日まふぃんに帰ってくるとまず手を洗ってから学習の時間になります。

 

まふぃんでの学習は、宿題を済ませたり、まふぃんで用意したプリントをする時間となっています。

 

4月のうちは、学習習慣がついておらず、まふぃんに来てすぐに「学習をしたくない」と言って玄関で寝転んで泣きわめく子もいました。

学習をしたくない気持ちはみんな多かれ少なかれ持っています。しかし、玄関で寝転べば宿題をしなくてもいいという訳ではありません。

職員は気持ちを受容しつつ学習の部屋に連れていき、子どもの気持ちが落ち着くまで、根気強く待ちます。何回も何回もそれを繰り返し、少しずつみんなと一緒に学習に取り組めるようになり、今では「ただいま!」と帰ってくるとランドセルを置いて、自分で宿題を出してくれるようになりました。

難しい問題を解けるようになることも大切ですが、「問題を解くことができた」「漢字の書き取りができた」そういった体験で自信をつけ、問題を解く事の楽しさを知りそこから生まれる集中力を育てていきたいと思っています。

 

まふぃんプリントの中には職員の手書きのプリントもあります。学習中にその子に合わせて職員が考えた問題をプリントに書いて出すと、意外に集中してくれることもあります。

先日も、なかなか椅子に座って学習することができない子に、「先生が書いた線のうえ、ここをなぞってみて。」と声を掛けると意外に集中して15分ほど過ごせました。

学習が終わると、ほかの職員にも自分のなぞった文字のプリントを持って行き、「頑張ったね。」と言われて誇らしげな表情でした。

僕頑張ったよ‼︎

筆圧の弱い子や、書き写すのが苦手な子など、それぞれの抱える様々な苦手を、どのように工夫したら学習しやすいのか、集中の時間を伸ばすことができるかを考え、一人ひとりが自信を持って学習の時間を過ごせるようにしていきたいです。

今後もまふぃんの学習時間で、子ども達の学習に向かう姿勢を育てていきたいと思います。

 

まふぃん錦ヶ丘

保育士 岡田