だいこん餅

本格的な寒さが、北風に乗ってやってきているようです・・・

小学校でも、インフルエンザが流行りだしています。みなさんご注意ください・・・

 

こんな寒い中でも、吉野の畑では、陽の光を浴びた冬野菜が元気に育っています。

先日、放デイの子ども達と、錦ヶ丘の駐車場の端っこにある畑で、大根をとらせていただきました。

みんな、大根やカブ、ブロッコリーなどが植えてある畑まで来ると・・・

「え?どれが大根?」

「これじゃない?」

「いや、それはブロッコリーでしょ」

と、それぞれがどれが大根なのか分からない様子。

じゃあ、みんなで大根だと思うものを指さしてみて。と声をかけると

案の定みんなバラバラです。

 

 

という事で、当初は大根のみ抜かせていただく予定でしたが、

子ども達のモヤモヤを晴らすためにも、それぞれ選んだものを抜いてもらうことにしました。

 

よいしょ!!

 

お!大根だ!!

あれ??これはカブだ・・・

かわいい大根が掘れたねぇ!

それぞれが大根だったりカブだったりを掘り当てて、じっくり眺めてみると小さな葉っぱの違いが分かったようでした。

よーし!掘り当てた大根とカブを洗ってみよう!

 

それぞれのカブと大根をタライで洗っていきます。

一つのタライにギュウギュウになりながら、手を使ってゴシゴシ洗っていきます。

土に触るのが苦手!という子もいますが、みんなと一緒だとそんなこともあまり気にならないようで、自分が大きい大根を綺麗にする!とか、誰よりも白くするぞ!と言って夢中になっているようでした。

洗っている途中で、

「大根は大根の匂いがするけど、カブは土のにおいがする!」

という気づきもありました。

みんな、濡れている大根とカブに鼻を近づけて・・・

「土だ!!カブは土の匂いだ!!大根は大根おろしの匂いがする!」

と、新たな発見に興奮しているようでした。

 

   

 

綺麗に洗った大根を部屋に持ち込み、まずは葉っぱを落とします。

葉っぱを落とした姿を見て

「これでスーパーに売ってる大根だ。」

と、男の子が言いました。

そうだよね、お店で見る大根はこれだよね・・・

なかなか、ダイコン葉を見る機会も減ってきているようです。

 

さて、大根餅を作るために、まずは皮をむきます。

これまでも、クッキングで人参やジャガイモの皮をむいたことのある子は、大根はとっても剥きやすかったようです。

最近まふぃんに入ってきた子は、ピーラーってどうやって使うの?と周りの友達に尋ねて、恐る恐る皮を剥いていました。

 

 

皮を剥き終わったら一番大変な作業!

大根おろしです!

手を擦らないように、気を付けながら、しかし、力を入れて・・・

ドキドキする分、みんなの集中力は高まっていきます。

途中で疲れた~・・・と言い出すかと思いましたが、みんな口をそろえて

「まだやりたい!まだ力余ってるよ!」

と言って大根おろしに取り組んでくれました。

 

途中でのブレイクタイム・・・

先ほど、大根と一緒に収穫したカブも食べてみることにしました。

小さく切ってもらって、しょうゆをつけて食べると・・・

 

「あま~い!!」

「さっきは土のにおいがしたのに!」

カブは子ども達に大人気でした。

カブに群がる子ども達・・・

じゃあ・・・さっきみんながすりおろした大根おろしも食べてみる?

みんな、ニコニコしながらスプーンにちょっと盛られた大根を口に運びます。

 

「・・・・から~い!!」

びっくり&げんなりです・・・

 

「こんな辛い大根でお餅を作ったら、激辛餅になっちゃうよ~。」

一抹の不安を覚えながら、次の工程に移ります。

 

小麦粉と片栗粉を混ぜてぐるぐる・・・

小さなハンバーグにして、焼いていきます。

ここでも、いつもの小麦粉粘土とはまた少し違う感触に戸惑いながらも、頑張ってこねることができていました。

みたらしのたれをかけると・・・

ジュ~♪

とってもおいしそう・・・

 

子ども達は・・・

大根おろしは辛かったのに、焼いたら辛くない!

ということに気づき、美味しさと、辛くない事に2度びっくりしていました。

 

今回はおやつの時間に、いつもの小麦粉粘土とはまた少し違った感触にもチャレンジしてみてほしいと思い、だいこん餅を作ってみましたが

そのねらい以外にも、子ども達は五感をフルに使って、野菜の匂いや、味の変化、葉っぱの形,収穫した時と売られている時の形の違いなど、様々な気付きを得たようです。

私たちもハッとさせられるような気付きがたくさんある活動でした。今日の活動での子ども達の気付きを、今後の活動に活かしていきたいと思います。

 

 

 

次回は、ダイコン葉のふりかけ・・・が作れたらいいな~

まふぃん錦ヶ丘 岡田