ドキドキ新年度(上之園) ~新1年生を迎えて~

ドキドキ新年度!~新1年生を迎えて~

 

先日、田舎道をドライブしていたら田んぼ一面に、れんげ草が咲いているのを見かけました。そして辺りには桜やつつじの花、一足早く葉を茂らせ新緑が眩しい木、色とりどりの花や葉っぱの緑。

春の訪れと、吹く風には季節の穏やかさが感じられます。

 

さて、新年度が始まり初めての土曜日(4日)の放課後等デイサービス。

新1年生にとって〝ドキドキ、ワクワク、ソワソワ?〞

幼稚園から登園して来ていた時には元気いっぱいだったのに、土曜日は緊張した表情で登園してきました。(いつもの笑顔とお喋りが…少ない…)

 

そこへ、待っていた上級生が、「かばんはここにおいてね」「来たら手を洗うんだよ」「一緒に遊ぼう」と教えたり、遊びに誘ってくれていました。

1年生の様子は・・・

初めて会う上級生にもドキドキ。中々お喋りも出来ず黙って頷いたり、いつもと同じ場所のはずなのに何だか違う場所みたいといった感じで周りを緊張した面持ちで〝きょろきょろ〞見る子もいました。

1年生の緊張感がこちらにも伝わってきました🤭

本日は活動の前に『自己紹介』を行いました。

新1年生はもちろん、上級生も1年生の名前も知りません。

そこで、友だちのどんな事を知りたいか聞いてみると、

➀名前

➁小学校

➂学年

➃好きな食べ物

に決まりました。

@

さあ、いよいよ自己紹介です。今回は順番に一人ずつ前に出て発表しました。

まずは、最初に新6年生のR君がお手本になってくれました。

実はR君、人前で発表する事がちょっぴり苦手。

ナガヤの方のご自宅に招待状を持って行く時にも「ドキドキする…」と言いながら玄関のチャイムを鳴らし、ご挨拶をして渡しています。

終わった後は「ドキドキした。でも出来た!」と嬉しそうに、ホッとした表情を見せています。

そのM君が見事に新1年生の前でお手本となり発表してくれました。

 

先輩たちの発表を見た後はいよいよ1年生の番です。

見守っている職員もドキドキしながら見守ります。

 

順番に名前を呼ばれ自己紹介した結果は・・・

・恥ずかしがり屋で登園した時から緊張していたMちゃん。一人で発表する事が出来ました。

・M君は〝好きな食べ物は?〞の質問に「いくらののったお寿司です」と答える事が出来ました。

・R君は、はっきりと「〇〇小学校です」と答える事が出来ていました。

3人ともしっかりと発表する事が出来ました。

 

その後は高学年の子どもたちが、丁寧に絵を描いたり、入学おめでとうの文字の入った〝手作りキーホルダー〞を手渡してもらい嬉しそうに見せてくれていました。

 

6日からは新学期も始まりました。

1年生だけでなく、子どもたちにとってもクラス替えがあったりします。その時に今回のような自己紹介を自分から出来たらいいですね。

 

このような事は、これから先さらに大切になってきます。

自己紹介とは

〝知らない人に、自分を知ってもらうためにする〞仲良くしてくださいという意味も込めて行うものです。

また、〝いい関係を築くきっかけづくり〞にもなってきます。

初対面の人と新たな出会いの場で交わす会話(自己紹介)をスムーズに行えるようになったら素敵ですね。

 

この日の土曜日みんなでお昼のカレーを食べる頃は、新1年生も笑顔も多くなりしっかりと『おかわり』をして食べていました😊

新たに4名の子どもたちが加わった放課後等デイサービス。

今年度も子どもたちに負けないように、子どもたちと共にいろいろな事に挑戦し、成長、変化していけるようにしたいと思います。

 

まふぃん上之園

 

寺田

新1年生を迎える🌸(まふぃん錦ヶ丘)

4月になり、まふぃん錦ヶ丘も2年目を迎えます。新年度からは新1年生が5名、2年生以上が5名新しくまふぃん錦ヶ丘に加わります。
そこで、3月のうちに新しい友達をまふぃんに迎える時に、どんなことをしたら新しいお友達が安心して、まふぃんに来れるか、新しいお友達のためにどんなことをしてあげたいのかをみんなで話し合いました。

これまでもクリスマス会やハロウィンなどで、何回も話し合いを重ねて来ましたが、

自分のためではなく、新しく来る友達のために何をしてあげるか

ということを話し合うのは初めてだったため、どんな意見が出てくるのかな?と思っていました。

自分のことではなく、人のこと、しかも全く知らない子ども達の喜ぶこととなると、何をしてあげたらいいのか

・・・と悩んでいる子もいましたが、小学校に入学する時に自分がしてもらったこと等を思い出しながら、少しずつ意見が出てきました。

意見の中には
やさしくしてあげる
あそんであげる
といったものや

メダルを作ってあげたい
まふぃんをあんないしてあげる
絵を描いてあげる
といった具体的なものもでてきました。

 

その中から、メダルを作ると、大きな絵を玄関に飾る
というものに取り組むことにしました。
色は貼り絵と色鉛筆で付けていきます。
大きさは模造紙4枚分!
背の高さほどの紙に、どんな絵を描くか、みんなで考えます。

まふぃんに来るんだからまふぃんは描きたい
おにぎりも要るね
子どもの絵もいる
桜島も見えるから描きたい
まふぃんの畑も描きたい
ちちよ(まふぃんで飼っている金魚)は絶対にいる
桜の花があると、嬉しいかも・・・

と、どんどん意見が出てきます。
出てきたものをとりあえず下書きして・・・

良い感じ・・・!

それぞれで担当を決めて、実際に模造紙に
描いていき、貼り絵を行っていきます。

実際に描いて、貼り絵を行う時には

桜を描きたかった
ちちよが描きたかった
といったように、自分の思い通りにならない場面もありました。

気持ちを切り替えて、他の部分に取りかかる子、やりたい部分ができなかったことにこだわり、他の部分に取りかかることのできない子もいます。

みんなにやりたい部分をやらせてあげたい。と言う気持ちはありますが、

このような場面でもその時の状況に合わせて、気持ちを切り替え行動できるようにしていかなければいけません。

自分が満足するようになんでもやりたい。という気持ちは誰でも持っているものですが、

それを押し通すことは困るという事を、子ども自身が学べるようにしています。


紙が大きかったので時間がかかりましたが、みんなでこつこつ頑張って・・・

そして・・・みんなのがんばりがこの大きな絵になりました。


新1年生と一緒に写真撮影!

友達と一緒に協力したり、時には喧嘩をしたり、いろんな経験をしながらお互いに学びあっていこうね。

がんばるぞ!

まふぃん錦ヶ丘 岡田

買い物体験

暖かい陽気と共に、今年度がスタートしました。「年長になったよ」「今度の担任の先生は誰かな?」と、子ども達は新しいクラスにドキドキしています。

 

さて、今回の活動は買い物体験。

「列に並ぶなど、公共のルールを守る」「店員さんに挨拶をする」ことができるように、買い物の活動を取り入れました。

 

買い物にレッツゴー!の前に、まずは練習をします。

練習の時に公共のルールを確認しておくことで、実際の買い物でも活かせられるようにする為です。

 

練習の様子。

子ども達は、棚に置いてある「お菓子カード」を1つ選びます。

今回は、子ども達が届かないような場所にもお菓子カードを置きました。

買い物の時、届かない場所にお菓子が置いてあることも実際に出てくるからです。

 

届かない場所に欲しいお菓子があったBさん。

ジャンプしても取れない。背伸びしても取れない。「どうしたらいいのか分からない」困っている様子です。

そこで、「困ったら何て言ったらいいかな?」とヒントを伝えました。

そのヒントで気づいたBさん。

「お菓子取ってください」と言うことができました。

 

困った時、人に伝えること。実はとても大事です。

困った時に、人に助けを求められず、1人でずっと悩んでしまう。

そのことで、自分を追い詰めてしまい、孤立してしまいます。

その為「困ったことを人に伝える」スキルが身につくように、お買い物体験などの活動を取り入れています。

 

「お菓子カード」を取った後は、レジに並びます。

どの子も列に並んで待つことができました。

列に並んで待つ。

これは、当たり前な事ですが、まふぃんに来ていた子ども達は、初めできませんでした。列の割り込みをしたり、列の順番のあらそいをしたり。

その為、今回列に並んで待つ事ができたことは、大きな成長です。

 

レジの順番が来ると、店員さん役の職員にお菓子を渡します。

店員「こんにちは」

子ども「・・・」

緊張しているのか、挨拶を忘れています。

そこで「挨拶ができたらバッチリだね」と小さな声で伝えると、「こんにちは」と小さな声で言うことが出来ました。

 

さて、練習をした後は、買い物にレッツゴー。

 

「早くお菓子を買いたいー」「楽しみ」とルンルンしながら、お店に向かいます。

お店に着くと、職員は外で待機し、子ども達だけでお店の中に入ります。

 

実は、以前の買い物活動までは、職員も一緒にお店の中に入りました。

困った時は介入したり、できない時は手助けをしたりなど、子ども達を誘導していました。

その経験を積んだことによって、今では職員の誘導がなくてもできるようになっています。

その為、これからのお買い物では、さらにレベルを上げて、子ども達だけでお店の中に入って買い物をしてもらっています。

お店の中に入ると、静かにお菓子を探す子ども達。

 

お菓子を探し終わるとレジに並びます。

 

レジの順番が来ると、元気よく「こんにちはー」と店員さんに言うことができました。

さらに、お菓子をもらった後は「ありがとうございます」も言うことができました。

挨拶ができた子ども達に拍手です。

ありがとうございます!

まふぃんに帰り着くと、手洗いうがいをし、みんなでお菓子を食べました。

「おいしいね」「買い物、楽しかった」と、どの子も満足している様子でした。

 

今回の買い物体験では、公共のルールを守ることができた子ども達。

ですが、これは1回の経験でできた訳ではありません。これまで買い物体験を何度も経験してきたことで、公共のルールを学び、「今は並ばないといけないんだ」「挨拶したほうがいいんだ」と気付く。

この気付く事で、行動に移すことができるようになります。

 

これからも、子ども達が自立への第一歩が踏み出せるように、買い物体験など、実生活に活かせられるような活動を展開していきたいと思っています。

まふぃん上之園 亀澤

2 / 212