カレーライス~ピーマンの奇跡 編~(錦ヶ丘)

土曜日の放課後等デイサービス。

 

いつもは午後からの活動が多い土曜日ですが、今日は午前中から昼食をはさんでの活動です。

さてさて、何をするかと言うと・・・

 

みんなの楽しみにしていたクッキング。本日のメニューは「カレーライス」です!

メニューをカレーライスに決めたのにも、いろんな経緯があるんです・・・

 

いつも決まったものしか食べず、初めての食べ物は

「見たくもない!」「匂いもかぎたくない!」「食べるなんて絶対にむり!!」

というがAさんがいます。まふぃんでのおやつ、おにぎりも必ず塩おにぎりです。

 

ある日のおにぎりの時間、

みんなで植えた畑のピーマンを収穫して、子ども達の目の前で職員がピーマンを切ってみました。

中には種がたくさん入っていて、みんなは「これ植えたらまたピーマンができるかな?」「種は緑じゃないんだね」と興味津々です。

一人ずつ切ったピーマンを手に取って匂いを嗅いでみます。

「うえ~、くさい~」「なんかフルーツの匂いがする」と感想は様々。

すると、いつもは「初めての食べ物絶対い嫌!」と言っていたAさんが、「ちょっと嗅いでみようかな・・」と自らピーマンに手を伸ばしました。

クンクンクン・・・

「どう?」と聞いてみると、「う~ん、よくわからない」との返事でした。

そうだよね、ピーマンの匂いを嗅いで「なんていい匂いなの!」なんて言う子、滅多にいないですよね(笑)

 

ピーマンを小さく刻んで塩昆布と和え、おにぎりのお供「ピーマンの塩昆布和え」を子ども達の目の前で作ってみます。

 

美味しい!おかわり!と食べてくれる子もいれば、一口食べていらなーい!と言う子と反応は様々。

 

するとAさんが「ピーマンはちょっとまだ食べたくないけど、塩昆布だけなら食べてみようかな。」と言いました。

Aさんからそんな言葉が出てくるなんて、職員一同びっくりです!

 

お箸で塩昆布を少しだけ摘み、その子の手にのせてみました。

クンクンクン・・・パクッ!

早く感想を聞きたい気持ちを必死にこらえ、その子が塩昆布を飲み込むまで待ちます・・・

 

「あれ?美味しいかも。」

すごいすごいすごい!!!!

食べようと思ったんだね~!食べられたね~!また一つ食べられるものが増えたね~!

職員もいろんな感情があふれてきます( ノД`)

 

・・・・・・・つまり、どうしてこの出来事が今回のカレーライス作りに繋がっていったかというと。

 

一番は「もっと食に関心を持ってもらいたい」ということ。

今回は食材を苗から育て、大きくなっていく様子を観察し、目の前で調理し初めての匂いを嗅ぎました。

あんまりいい匂いではなかったけど、友だちが美味しそうに食べる姿を見て、

「ちょっとだけ食べてみようかな」

と思い、勇気を出して一口食べてみることもできました。

 

そんな素敵な姿を見せてもらったら、私たち職員も、もっともっと素敵な姿が見てみたい!と思っちゃったんです。

もっと食材を身近に感じられたら・・(材料を調べ、買い物体験)

もっと作る工程を体験出来たら・・(調理体験)

いつもよりもっとたくさんの友だちで食べることができたら・・

もしかしたら、食べられるものがもっと増えるんじゃない(^-^)?

そんな淡い期待を持って、カレーライス作りへと繋がっていったのです。

 

さてさて、クッキングはどんな風に進んでいったのでしょうか~。

 

また次回のブログでお伝えします!

 

 

まふぃん錦ヶ丘  吉村