クリスマス交流会☆上之園☆

Merry Christmas☆~

クリスマスの登園の日。
子ども達のもとにはサンタさんが来たようで、プレゼントが置いてあった~♪
と嬉しそうに教えてくれました。
12月25日
まふぃんではお馴染みのながやの住人さんとのクリスマス交流会の日です。
お部屋の飾りつけのためのデコレーション。
鹿児島のサンタさんの絵の製作。

じゃ~ん!

鹿児島ならではの桜島。アミュラン。温泉。空を飛ぶサンタさん。

わくわくがどっか~んと伝わってきます。

まふぃんの子ども達が創造して製作した作品はまふぃんワールド満載!
製作中も夢中で描いたり色を塗ったり、貼り絵をしていました。
その様子は先日のブログにも紹介してあります。
クリスマス会に向けて←こちらです。

レ・ゼトワーレのコーラスの皆様の合唱で始まった交流会。
ボランティアで歌を披露してくださいました。
お馴染みのクリスマスソングに、超絶人気のパプリカまで盛りだくさんの演奏に子ども達もノリノリ~♪

歌いながらダンシング~♪

合唱がおわると、おなかもペコペコ。
おやつの時間です。
ナガヤの住人さんとコーラスの皆様と4グループに分かれて、ホットケーキでクリスマスケーキのデコレーションをしました。
席の隣の方とペアになり、お相手の方のためにデコレーションします。
「生クリームはどれくらい?」
「ジャムをつける?」
「そんなに多く食べれない~」
と、コミュニケーションを取り、相手の気持ちを考えたり、質問しながら、楽しくデコレーションしていきます。

それぞれ個性的なオブジェのようなケーキのオンパレードです。

デコレーションが終わり、お相手の方にはい。どうぞ。
相手の気持ちを聞いて考えながら取り組み、ホットケーキと気持ちの交換です。

普段の何気ない会話やクリスマスを語らいながら美味しく頂きました。

そしてナガヤの住人さんといえばKさん。
存在してくださるだけで、その場がぽっとなごみ素敵なKさん。
住人さんの子どもさんとアカペラで歌い、
きよしこの夜を フランス語~ドイツ語~日本語で歌ってくださいました。

今年も四季折々の節目にナガヤの住人さんたちとたくさんの交流をもつ機会がありました。
年末のこの機会にその様子を紹介する機会を設けました。
まふぃんとながやの住人さんの交流会の振り返りの資料を作成しました。

春にさくらの花見。
夏に七夕
秋にお月見のだんご作り。
そして冬にクリスマス会。

子ども達が思い出を振り返り、たくさん撮りためてある写真を選び、言葉を考え、パソコンに打ち込み、そして発表です!
全て子ども達が自ら考えて展開してきました。

四季を楽しみながらその日本の伝統に触れ、ながやの住人さんたちと自然と交流をもつ機会。
人と人の交流や心のつながりが希薄になっている最近の世情で、このような機会に四季を感じながら交流をもてることのすばらしさ。

この素敵な環境の中で、職員が試行錯誤しながら、話し合いや準備を整え、子ども達のサポートをさせていただいています。
交流会を始めたころは、戸惑いもあり、恥ずかしかったりしておとなしかった子ども達が、回を重ねるごとに、住人さん達と自然に会話が弾むようになっています。

人と人。子ども達と住人さんとの心のつながりの種を巻き、その種が少しずつ芽生えて、ありがとうの花を咲かせる姿を今日もほほえましく見守りました。
子ども達の成長を見守ってくださる住人さんたちの姿に感謝の気持ちでいっぱいです。

AさんとBくんです。

血はつながっていませんが、本当のおばあちゃんと孫の様な温かさを感じます。

2人は手をつないで、会場をあとにしました。

ナガヤの交流会で味わうほっこり体験。

来年はどんな展開が待っているかな~。
楽しみです。

まふぃん上之園
有川