座ってまてるよ ~今年度を振り返って~

座って待てるよ!~今年度を振り返って~

 

いつの間にか甲突川の桜もつぼみを持ち始めています。朝夕は寒いですが、春がまた一歩近づいてきているのですね。甲突川沿いが桜で満開になる日が待ち遠しいです。早く咲かないかなぁ~と心待ちにしています。

 

本日は午前クラスの様子をお伝えしたいと思います。

まふぃんで一番小さな子どもたち。1歳~2歳児クラスの子どもたちが登園してきました。

「おはようございます!」と言える子や、お母さんの後ろに隠れて〝〇〇ちゃん見つけた〞としばらく職員とやり取りをしてから〝ばいばい〞とタッチしからお母さんと離れる子。

微笑ましい朝の光景です😊

時には「ママがいい~」とちょっぴり涙でのお別れの日もありますが…。

 

そんな午前クラスの子どもたち。この1年大きく成長しました!

 

4月の子どもたちは…

「お集りするよ~、おやつだよ~」と声を掛けても座ることなくふらふらと動き回っていました。座らせてもすぐに離席したり、走り回ったりする姿が目立ちました。

 

そんな子どもたちでしたが、今では「お集りだよ」「座って待っていてね」と声を掛けると座って待てるようになりました。

絵本を見る間も、おやつの時も最後まで座っています。

待つ時の姿勢も今ではすっかり、お兄さん、お姉さん。

表情も心なしか自信も持っているように感じます。

その中でも感動的な出来事が先日あったのです‼

 

その子の名前はAちゃん。今年度の途中から利用が始まりました。

利用開始の頃は

・座る事が出来ず、姿勢が保てない。

・走り回る事が多い。

・自分の思った通りにならないと怒る。

・順番が待てない。

などの姿が見られていました。

 

ところがこの日、Aちゃんが姿勢よく座り、最後に名前を呼ばれても怒ったり、拗ねたりせずにしっかりと待てていたのです。

おまけに両手を膝に乗せて!(職員は何も言っていないのに)

こんなに待てるようになるとは。嬉し~い😂

 

では、どの様な活動を行ったか見て行きましょう!

本日の活動は運動遊びです。

今回はいつもと違う内容にしてみました。

午後クラスと同じように

〝マットに座って待つ〞〝名前を呼ばれるまで待つ〞

という事をしてみました。運動遊びでは初めての試みです

 

今回のねらい。

『行動のコントロール』

『順番を座って待つ事が出来る』

 

しっかりと待てているお友だちから名前を呼ばれるので、みんな姿勢よく待っています。

Aちゃんはというと・・・

 

立ち上がる事もなく、ふらふらと動き回る事もせず姿勢よく待てていました。友だちがどうやって渡っているのかもよ~く見ています。

利用が始まった頃を思い出し、ここまで座って待てるようになるとは思ってもみませんでした。

様々な活動で「座っていたらお名前呼ぶからね」と声を掛け、一瞬でも座ったらすぐに名前を呼ぶすぐに褒める、事を繰り返し行ってきたことでここまで出来るようになりました。

この様な

「待てるようになる」「ちょっと我慢ができる」

という経験を今度は保育園や幼稚園などで実践できることができれば

子どもの成長、変化は飛躍的に伸びていきます。

 

待てるようになることでルールのある遊びに参加できるようになり、活動の幅が広がります。

ちょっと我慢ができるようになることで注意をされたり、怒られたりすることが少なくなります。

 

二つのことができるようになると今度は「友達」を意識して、集団の中で遊ぶことができるようになります。

 

こうして子ども達は

自分の視野やキャパシティを広げて

新たな世界に踏み出していくことができる様になるんですね。

 

私は、まふぃんに来てもうすぐ1年経ちます。

保育園での保育には慣れていても療育は初めてでした。

『何が大変だった?』と聞かれても・・・ ありすぎて選べません…😅

何となくの知識としてはありましたが、どのように対応していいのかも分からず、毎日が勉強。そして必死でした。

ついでに小学生以上の子ども達と接するのも初めて。

小学生との接し方、〝何を話せばいいの?〞などetc.

一日中戸惑いの日々でした。

 

今年度、子どもたちと接していて特に感じた事。

保育園に勤務していた時以上に、子ども達の成長、変化が嬉しく感じられました。

そして嬉しいだけではなく、子ども達が成長、変化する事は〝貴重なんだな〞〝当たり前ではない〞のだなと改めて気付きました。

 

今年度も後10日程になりました。

来年度も子どもたちに負けないように私も成長、変化!しようと思います。

 

 

まふぃん上之園

 

寺田