ぐんぐん成長中!(錦ヶ丘)

子ども達の進級、入学まであと3か月です!

児発の子ども達に「なんだか、もう小学生みたいに待てる人が沢山いるね!」と声を掛けると表情がさらにキリっと引き締まります。みんな、なんとなくではありますが、もうすぐ一つお兄さん、お姉さんになる事を意識しているみたい。最近の子ども達の様子の中でも、成長を感じられる出来事があったのでご紹介します。

周囲に注目されるのが苦手で、前に出られない姿や、名前を呼ばれても返事がなかなか出来なかったAさん。見られていると恥ずかしい…という気持ちもあったようなので、本人があまり意識しすぎないように楽しい雰囲気で前に出る場面を作ったり、大好きなお絵描きの活動で前に少しだけ出る場面を作るなど、少しずつみんなの前に出る事にも慣れるように、活動の中で工夫してきました。

先日、運動遊びの中で、少しだけ待つ時間のある運動遊びを取り入れた活動を行いました。

まだ、友達の前に出る事は少し苦手なAさん。みんなの前で運動遊びに挑戦するのは少し難しいかもしれないと思い、Aさんがいつもの自由遊びでよく遊んでいる机の滑り台と似た形のものを準備しました。

自由遊びとは少し違う空気感を感じて少し緊張しているのか、最初の順番が回ってきた時には「やらない」と言ってマットの上で友達の様子を見ていました。

次に「床に落ちると、ワニに食べられちゃうから気をつけて~」そんな声掛けをしながら、机を出しました。

すると、急に座りなおしたAさん。なんだかすごくやりたそうな表情になりました。

その瞬間を見逃さずに名前を呼ぶと、みんなの前で自信満々に取り組むことができたのです。

すかさずにハイタッチして「すごい!頑張ったね!」と声を掛けると最高の笑顔を見せてくれました。

また、まふぃんに体験の子がやってきた時のことです。

「今日初めてまふぃんに来たから、どうするのか教えてあげてね」と声を掛けると、一緒に手を洗いに行き、自分の隣に座るよう声を掛けていました。

そして、おあつまりの時間。お名前を呼ばれるといつもは小さい返事が、この日はしっかりと前を向き、右手を挙げて、部屋に響くほど大きな声で返事ができたのです。

「こうやってするんだよ♪」

という心の声が聞こえてきそうなほど堂々とした様子でした。

スモールステップで自信をつけてきたことで

・少しずつ友達の前に出られるようになったこと。

・初めての子にお手本を見せてあげられたこと。

この2つの出来事はAさんの成長を強く感じる出来事でした。

このような変化も、通園先の担任と連絡会や送迎の時に共有しています。

今後もAくんが、まふぃんの少人数の中で、自信をつけたことを園での集団活動の中でも発揮できるよう連携して支援を行っていきます。

私達まふぃんの職員間でも、子ども達がどうしたら変化していくのかと話し合い、活動し、振り返り、次のステップに繋げていけるようにしています。

これからも活動の中で、子ども達が「やってみよう!」と思えるような機会を作り、それを乗り越える姿を支えていきたいと思います。

 

まふぃん錦ヶ丘 岡田