で・き・るTシャツ!!(錦ヶ丘)

夏休みが始まりましたね!

プールにキャンプ、スイカ割り・・・楽しいことがいっぱいですね。

みなさんはどんな夏休みを過ごすのかな?夏しかできない、たくさんの思い出を作ってくださいね。

 

さてさて、つい先日のお話です・・・

 

午前中に通所しているAくん。とてもかっこいいTシャツを着てきました。

玄関でお出迎えをしていた職員にも

「ほら、かっこいいでしょ?」

と自慢げです。

そのTシャツには「 Ⅽ A Ⅼ 」の文字が入っていました。

すると職員が

「もしかしてその文字、で・き・るって書いてあるんじゃない?」

と言うと、Aくんは鏡の前に走っていきました。そして、

ほんとだ!で・き・るって書いてある~!!!!!

と、大騒ぎです(^-^)

職員が「 Ⅽ A N 」と「 Ⅽ A Ⅼ 」を間違えたのか・・・・はたまた、笑わせようとしただけなのか・・・

ツッコミどころ満載ですが・・・さっ!!活動スタートです!

 

活動前の10分間のリトミック。実はAくん、このリトミックの時間がちょっぴり苦手なんです。

いつもは「やらない」とすみっこに座って見ているAくん。

しかし、今日のAくんはちがいます。だって、で・き・るTシャツを着てますから(笑)

 

自分で鏡を見ながら「できるって書いてある」「先生、見て」と何度も確認しています。

そして

「先生、何だか今日はできる気がしてきた・・」

おお~~!!本当かな~?先生、期待しちゃうよ?

 

ピアノの音が聴こえてきました。するとAくんは皆と一緒に動き出します。

トンボ~メダカ~カメ~・・・・それぞれの動きをきちんとできました。

すごいすごいすごい!そんな姿に職員の目にも涙がにじみ、ピアノを弾く手も震えてしまいました。

 

そして本活動、段ボール遊びです。

グラグラして不安定な段ボールを重ねて運んだり、高く積み重ねて遊びます。

 

一人ずつ「よし、行ける」と思った個数の段ボールを重ねて、スタートからゆっくりゆっくり進み、ゴールを目指します。

ここでもAくんは、で・き・るTシャツパワーを発揮します。

皆が恐る恐る、3個の段ボールを重ねて運ぶ中、Aくんは4個の段ボール運びに挑戦しました。

いつになく真剣な表情。いつものおふざけ姿は完全封印です。

ゆっくり~ゆっくり~・・・・そーっとゴールに・・・置き・・

やったー!!大成功!!

誰よりも多く段ボールを運ぶことができたAくん。

皆に「すごいねー」と言ってもらい、職員にも「頑張ったね」といってもらい、ますますやる気がでてきます!

 

最後は、段ボールを高く高く積み上げていきます。

皆の目標は「天井に着くくらい高く」です。

順番に一人ずつ段ボールを置いて行きます。自分の前の人が置いた段ボールの大きさや位置で、どれだけ高く積み上げることができるかが決まります。

何回かの失敗を繰り返し、子ども達だけで「土台には一番大きくて丈夫な段ボール」「横に置くより縦に置いた方がより高くなる」など、いろんな発見をしているようでした。

そして、いよいよラスト。あと一個段ボールを置けば天井まで届きそう、というところでAくんの番です。

自分たちの手で届かない時は、椅子やステップ台にのって段ボールを積んでもいいというルール。

しかし、Aくんの前にそびえ立つ段ボールタワーはもうすぐで天井まで届きそうな高さ。椅子やステップ台では届きそうにありません。

すると

「そうだ!園長先生に抱っこしてもらおう!」

とAくんが言いました。そうだね、園長先生大きいもんね。抱っこしてもらったら届くかもね!

「園長先生、天井まで段ボールを置きたいので抱っこしてください。」

なんと自分で言葉を考えてお願いしに行くこともできたんです。

やったー!みんなが祈りながらAくんを見守り、ついに大成功!!

何とも言えない達成感。

そして、いつもの何倍もキラキラかっこいい、で・き・るTシャツをきたAくん。

Aくんの顔も自信に満ち溢れていました。

 

で・き・るTシャツ」と、ちょった変わったAくんのやる気スイッチ。

でも、たったこれだけのきっかけでこんなにも素敵な姿を見せてくれました。

たくさんの可能性を見せてもらった、そんな出来事でした。ありがとうAくん。

Aくんの姿に職員も「で・き・るスイッチ」「やるきスイッチ」を押してもらいました!

 

次の日のAくん。ちがうTシャツを着ていましたが「今日もできるって書いてある」と・・・・

こんな姿を見せてくれました(^-^)

 

まふぃん錦ヶ丘    吉村