クリスマスツリー🎄

 木、金曜日に絵の具遊びでクリスマスツリーの制作をしました。1日目は絵の具を手で塗り、2日目は初めて筆を使ってみました!
 制作というと作品を完成させる事をねらいに、職員が見本を見せ、手順の説明をするというような活動を思い浮かべるかもしれません。しかし、まふぃんの制作は見本も説明もありません。子ども達が「何になるのかな~?」と考え、イメージを膨らませ、「あっ!わかった!」という気付きを大切にしています。
 活動のねらいとしては・・・

 ・活動の中での友達同士の関り
 ・言葉、表情、ジェスチャーでのコミュニケーション(「ちょうだい」「していい?」など)
 ・道具の使い方を知る(筆)
 ・絵の具の感触に慣れたり、手が汚れる体験   でした。

 そのために、皆で1つの制作を行う事で友達同士で接近するようにしたり、画用紙を張り付ける時には「ちょうだい」や手を出した子に画用紙を渡し、友達との関りや発語を促しました。

 このような友達との関りやコミュニケーションの経験を積み重ねる事で、幼稚園や小学校での大きな集団で友達との関り、思い通りにならない時に気持ちの折り合いをつける力、相手の話を聞く力、自分の意見を言う力に繋がります。

クレヨンでお絵かきをした後に筆でぬりぬり、白いところがなくなるまで上手に塗っていました

〇や☆の画用紙を貼って飾りつけ

クリスマスツリー完成ー!

 完成したクリスマスツリーを見て大喜びでした。去年は作ったツリーからクリスマスのイメージにつなげる事は難しかった子ども達。自分たちで作ったクリスマスツリーを見ながら「サンタさん」「クリスマス」などイメージを広げていて成長を感じました。