まふぃんの田んぼ~土作り編~

前回のブログでは、苗作りの様子でした。

今回は植え替え(バケツ稲作)についての紹介です。

 

植え替えの活動を通して、

  • 泥の感触になれる
  • 一つの容器をみんなで使うことを通して、他者や自分に迷惑がかからないように行動をコントロールできる

が目的です。

田植えに参加しない子どもたちにも泥の感覚を知ってほしい、自分たちで稲を育てる経験を、という願いと共に、汚れることをあまり気にしない、他者のことを考え、場に合った行動を取ることが苦手、といったお子さんの行動のコントロールができるようになることをねらいにしました。

 

○期待値を上げる!

 

土作りの話の前に、子どもたちに一冊の本を見せました。

『バケツで実践 超豪快イネつくり:1粒のタネが1万粒に!』です。

「本当に!?」「すごい!!」「1粒がそうなるの!?」

子どもたちは目を丸くしていました。

「こんなふうにみんなの苗も育つといいね。」

子どもたちのやる気がアップし、外に出て、土作りのスタートです。

 

○“泥で汚れた”

 土作りの手順は、高学年の子どもたちが事前に調べていたので、A君に発表してもらいました。

見通しを持ち確認したら、グループに分かれて土作りです。

「土作り、頑張ろうね! 土が飛び散らないように、他の人のことも考えて混ぜてくださいね」とお願いしましたが…どうなるでしょうか。

活動が始まると同時に、グループのメンバーからいろんな発言が飛び出しました。

「僕の入るところがないよ」「重いよ」「うまく持てないよ」

しばらく見守った後、“どうしたらいい?”と声掛けすると、

土の入った袋を一緒に持つ子が出てきたり、場所を譲ったりする場面がでてきました。

「もう少し入れて!!」「それくらいで、いいよ」

コミュニケーションが盛んになってきました!

 

水を入れてからは、さらに子ども同士のやり取りが活発になりました。

「水が足りないよ」「下の方をかき混ぜて」

「あっつ、足に泥が飛んだ」「・・・」

「ちょっと、飛ばさないように混ぜてよ」

「〇〇さんがひっかけた」

「だって・・・」

Bさんと、Cさん、どうなるのかと見守っていると、それ以上言わずに黙ってしまいました。

“どうしたらよかったのかな~” と声掛けすると、汚されたBさんは自分の座り方を変えてくれました。

汚した方のCさんは力加減を考えて、また土まぜを始めました。上級生のBさんは、わざとではなかったことを理解して許してくれたようです。そして、どろどろの土が完成しました!

まふぃんでは、友達同士のトラブルがあった時、当事者同士で解決させることを大切にしています。「ごめんなさい」と言えばそれで終わり、では、次につながらないからです。相手はどんな気持ちになったのか、どうすればよかったのか、考えることが大事です。それが自己解決能力を育てると思うからです。

 

子どもたちは、土が泥になる変化を感じ、泥で友達や服を汚さないように慎重に行動することができました。

周りのことを考えて行動できたように思います。

 

○土作りは嫌じゃなかった

 

活動後の子どもたちの感想です。

・気持ちよかった。

・水を入れると土が固くなって、そしてだんだん柔らかくなった。

・面白かった。もっとしたかった。

など、とても満足したようです。

クールな印象の強いD君が「土作りは、嫌じゃなかった」と発言してくれたことがとても印象に残りました。

友達と協力して、わいわい言いながら泥の感触を味わったことが、気持ちよかったのでしょうね。

 

○無事に育ちますように

 

翌日、まふぃんの田んぼに苗植えをしました。

太くて元気そうな苗を選んで

“大きくなりますように・・・

 

私自身も初めての経験、バケツ稲作。本当に育つのかな?大丈夫かな・・・

子どもたちも同じ思いでしょう。

まふぃんの玄関前には、小さな田んぼができました。

愛情をたくさん注いで、お米を育てましょうね。しっかり観察していきたいと思います。

 

さあ、次回は、本物の田んぼの田植えの様子をご紹介しますね!

 

まふぃん上之園 末吉